頭痛 原因 チェック 治し方

頭痛の原因やチェックと治し方とは?

スポンサーリンク
20160703

ようこそ「頭痛.net-原因のチェックと治し方-」のサイトへ!
私は「頭痛専門アドバイザー」の宇筒井と申します。

 

ここでは、まずはじめに、
「頭痛の原因やチェックする方法
治し方」についてお話します。

 

頭痛の原因とは?

 

つらい頭痛の原因ですが、大きく4つに大別されます。

 

「肩こりが原因の頭痛」

 

「眼精疲労が原因の頭痛」

 

「ストレスが原因の頭痛」

 

「病気が原因の頭痛」

 

とこの4つです。

 

それでは早速、4つの原因を見て行きましょう。

 

肩こりが原因の頭痛

 

肩こりは男性の場合でしたら、
お仕事がデスクワークであったり、

 

女性ですと毎月の生理痛の
ひとつとしても、肩こりが挙げられています。

 

肩こりとは首筋から背中・肩付近の
筋肉が固くなってしまい、血流が悪くなるので、
起こってしまう症状です。

 

そして、その肩の上部にあるのが
「頭部」に当たるという訳なのです。

 

頭を直に支えている、
首筋や肩の血流が悪くなって

 

肩こりの症状が出るので、
当然ながら、「頭部」の血流の流れも
悪くなってしまいます。

 

この肩こりが原因で頭痛の症状が、
同時に出てしまうといった方は
最近急増しているのです。

 

眼精疲労が原因の頭痛

 

現代社会でパソコンやスマホの存在は
欠かせないものとなりました。

 

けれどもその分「眼精疲労」による、
頭痛の症状をを訴える方も、急増しています。

 

パソコンのモニター画面や、
スマホ画面は「光」を直接見ていることと同じ行為です。

 

子供の頃

 

「テレビは目に悪いから、もっと、遠くで見なさい!」

 

なんて
お母さんに怒られた経験がある方も、
かなり多いはずです。

 

実際に「直射日光」を
数分間見ていれば、失明してしまいます。

 

また、部屋の明かりや、電球なども、
直接裸眼で見るのは、
目にとって決して好ましいことでは無いのです。

 

というわけで「眼精疲労」が原因で
「目の奥の頭が痛い。」といった
症状を訴える方が急増している訳なのです。

 

ストレスが原因の頭痛

 

現代社会はストレス社会と言っても
過言では無いほど、

 

日頃の生活でストレスが多い
毎日を送っている方も増えています。

 

このストレスをなぜ感じてしまうのか?
という原因は「情報量の多さ」にあります。

 

現代日本人であれば、たったの1時間で、
江戸時代の日本人が受け取る情報量を
受け取っている、とも言われています。

 

これも、パソコンやスマホの普及によって、
インターネットでの情報量が
一気に増えたことに原因があります。

スポンサーリンク
20160703

情報量が多いと、選択肢が多くなりますが、
選択する回数も多くなります。

 

つまり、私たちは毎日知らない間に、
必要な情報と、必要ではない情報とを
何100、何1000回と、繰り返し行なっています。

 

そのため、ストレスが溜まって、
頭痛の症状が出てしまうのです。

 

病気が原因の頭痛

 

これは、突然の激しい頭痛などの
症状が出た場合や、痛み止めを飲んでも

 

頭痛の症状が収まらない時などは、
すぐに病院へ行って、検査を受けて下さい。

 

最悪の場合「脳梗塞」などで、
命に関わる危険性もあります。

 

頭痛の症状が出る前に日常生活をテェックする!

 

頭痛の症状が出てしまうと、大変つらいものです。

 

ですから、頭痛になる前に、
日頃の日常生活をチェックして下さい。

 

チェックする項目とは、以下のような事柄です。

 

・睡眠時間は取れているか?
 または、熟睡出来ているか?

 

・規則正しい生活を送っているか?

 

・食生活は、栄養のバランスが取れているか?

 

・運動不足になっていないか?

 

・パソコンやスマホ画面を、長時間見ていないか?
 または「輝度」を落としているか?

 

こういった毎日のチェックで頭痛は
未然に予防することが可能となって来ます。

 

頭痛の症状の治し方とは?

 

頭痛の原因は人それぞれで、
しかも実は星の数ほどあります。

 

細かい原因を述べますと
「遺伝性の頭痛」だって存在しているはずです。

 

そういうわけで単に

 

「これこれ、こうしますと頭痛は治ります」と

 

いった、
誰にでも通用する「頭痛の治し方」などは、
この世に存在しません。

 

ですので、頭痛になってしまったならば、
まずは「風邪」をひいた時などに

 

診てもらっている「いつもの先生」に
ご相談するのが、一番安心です。

 

「たかが頭痛」

 

などと、あなどっていますと、
取り返しの効かないこともありますので、
充分な注意が必要です。

 

【免責事項】
ここに、このサイトは「○○」で悩んできた
私の体験談サイトです。
よって、このサイトから得た情報でいかなる事態が起きても、
このサイト運営者は一切責任は取れません。
的な文章を書く。

スポンサーリンク
20160703

この記事のが良かったのか、疑問文で問いかける部分


もし、良い、役にたったのであれば、以下の4つのSNSで拡散をお願いする部分。

このエントリーをはてなブックマークに追加