脱水症状 頭痛 治し方

脱水症状での頭痛の治し方とは?

スポンサーリンク
20160703

ここでは、「脱水症状での頭痛の治し方」
のことに関してご紹介します。

 

脱水症状になると体の水分が
失われる為、血液循環が悪くなります。

 

そのため、脳に血液が
回らなくなることで頭痛が生じます。

 

脱水症状での頭痛が起きている時は
体の6%もの水分が失われている
状態ですので、とくに夏場は気をつけましょう。

 

脱水症状にならないようにするのは
もちろんですが、脱水症状が原因で

 

頭痛に悩まされてしまった場合は
どのような治し方があるのでしょうか?

 

紹介します。

 

水分と塩分の摂取!

 

脱水症状は、体から
汗や尿として出て行くだけで
水分を取り入れてないと起こってしまいます。

 

しかし、水分だけ取ればいいわけではなく、
汗の中には塩分も入ってますから
水分と一緒に塩分も取りましょう。

 

夏場暑い中でビールやアルコールを
飲むと尿の回数もとても増えます。

 

暑いので汗の量も多い時が1番危険な時です。

 

アルコールを飲む他にウーロン茶や
水などをはさみ、水分補給しておきましょう。

 

スポーツドリンクなどもオススメです。

 

ただ、アルコールと一緒に飲んだりすると
とても酔いやすくなってしまうので
注意が必要ですよ。

 

また、スポーツドリンクよりも経口補水液は
塩分と水分が体に吸収しやすいもの。

 

即効性が高いものです。
アルコールとは飲むのは控えましょう。

スポンサーリンク
20160703

日差しを避ける!

 

日が当たっている場所と日陰の場所
の温度の差は大きいです。

 

そして、頭を日から守るように
帽子もかぶることをオススメします。

 

これは、脱水症状にならないための予防です。

 

安静にする!

 

脱水症状になれば安静に
していなければなりませんが、

 

予防としても過度の運動は
避けて睡眠を取ることです。

 

睡眠不足で夏場暑い中いることも
脱水症状になりやすい、そして頭痛も
起こりやすいので注意して下さいね。

 

病院へ行く!

 

脱水症状での頭痛はすぐ病院へ行き
点滴を打ってもらうことや
処置をしてもらうことをオススメします。

 

このように治し方はいろいろありますが、
脱水症状になることが
他の病気の原因にもなりますし、

 

必要な水分が少ないということなので
体の危険にもつながります。

 

頭痛だけでなく、脱水症状にならないように
夏場は気をつけましょう。

スポンサーリンク
20160703

この記事のが良かったのか、疑問文で問いかける部分


もし、良い、役にたったのであれば、以下の4つのSNSで拡散をお願いする部分。

このエントリーをはてなブックマークに追加