幼児 頭痛 おでこ 対処法

幼児の頭痛でおでこが痛そうな時の対処法とは?

スポンサーリンク
20160703

ここでは、「幼児の頭痛でおでこが痛そうな時の対処法」
のことに関してご紹介します。

 

子供が熱を出したりする時、
頭が痛いなど症状をうったえてきますが、

 

まだしゃべれない幼児に頭痛が
あったらどう対処すればいいのでしょうか?

 

幼児の頭痛持ちの子もいます。

 

おでこを触って熱があれば
その対応ができますが、熱がなくて

 

頭が痛いなど言われたら、
どう対処すればいいのでしょうか?

 

幼児の頭痛に対しての
対処法を紹介していきます。

 

頭痛の痛みが伝わらない!

 

まずはじめに幼児は、どこか痛い所や
気持ち悪いなどがあっても泣くだけで

 

どこがどう痛いのか苦しいのかは
伝えられないため、大人のように

 

天気が悪くなると偏頭痛がおこる
などといったことがわかりません。

 

子供も偏頭痛をもっていたりするのに
気づいてあげられないのがふつうです。

 

危険な頭痛の判断をして対処すること!

 

幼児の頭痛は何が原因なのかは、
なかなかわかりません。

 

大人が見て判断するしかありません。

 

幼児が風邪やインフルエンザの場合は
熱が出たりするので、おでこに手を当てて
熱かったり大人と比べたりして確認しましょう。

 

鼻水、鼻づまりの場合で頭痛が
起こるのは副鼻腔炎になります。

スポンサーリンク
20160703

危険な頭痛は、風邪などで嘔吐や
下痢をしてしまった場合は病院へ行きましょう。

 

緊張やストレスが原因の対処法!

 

子供も大人のようにストレスや
緊張から起こる頭痛があります。

 

その場合、子供は音や
光を避けたりする行動をとります。

 

幼児も肩こりや緊張からの頭痛があるため、
背中から軽くマッサージ
してあげるのもいいでしょう。

 

大人のように力を強く入れなくてもいいです。

 

背骨の両端にリンパが通っているので
そこを首に向かって
下から流していく方法があります。

 

オリーブオイルやクリームを使ってもいいでしょう。

 

このように、幼児の場合の
頭痛に早く気づけるかが大切です。

 

いつもと様子が違う、泣いてばかりいる、
光や音をさけるなど
子供の様子を普段から見ておくことです。

 

また、何かにおでこをぶつけたりした
場合は、病院へすぐ行きましょう。

 

頭の中の脳の損傷になったりしては危険です。

 

症状が伝えられない幼児なので
大人の判断と対処法が
とても大切になる時期です。

スポンサーリンク
20160703

この記事のが良かったのか、疑問文で問いかける部分


もし、良い、役にたったのであれば、以下の4つのSNSで拡散をお願いする部分。

このエントリーをはてなブックマークに追加